2019年3月は米国、英国、豪国、国内株に新規投資

スポンサーリンク

f:id:Atolm-D:20190324200159j:plain

2019年3月度の購入株を一覧化しました。

本格的に高配当株への移行段階の為、初めて購入する企業が多いです。

日本株はマネーフォワード株が急騰している為、一部売却して配当株を購入しています。

 

 


米国株

税金が高いですがそれを補うほどの増配傾向のある企業へ投資しています。

アルトリアグループ(MO)

30株購入。配当利回りが7%(税引き後)になった時に再度買い増し予定。

安定配当のたばこ銘柄です。毎年連続増配株ですので動向に注目です。

AT&T(T)

 情報通信セクター保有の為に購入。配当利回り5%(税引き後)時に35株購入。

こちらも下落したら買い増し予定です。


英国株

ADR銘柄の為、NISAによる税金控除が可能。BTIは優秀ですので暴落したら買い増し候補です。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

安定配当のタバコ銘柄です。高配当目当てでは無くてはならない存在です。

配当利回り7%の時に50株NISAで購入。更に下がれば買い増し予定でしたが、期待と裏腹に上がっています。無理して買い増しする必要もない為、4月は様子見です。

米国株ではない為NISAの強みである非課税が存分に発揮出来る良株です。

ナショナル・グリッド(NGG)

こちらもNISAで購入。ただし、あんまり勉強していなかったためわずか5株の購入。暴落したら買い増し予定です。


豪国株

英国株同様ADR銘柄の為、NISAによる税金控除の恩恵があります。

ウエストパックバンキング(WBK)

豪国株代表でNISAで購入。豪国株の勉強がてら20株購入。

営業成績に毎年ブレがある為、今後買い増しするかは様子見です。


日本株

配当利回りはそこそこで優待券もついでについてくるうれしさがあります。

オリックス(8591)

 日本株も高配当銘柄に絞って少しずつ移行しています。購入後、好材料のIRが発表されたらしく株価が2%上昇。

もっと下がってから買い増しする為、引き続きチェックしていきます。

NTTドコモ(9437)

 3/25の日経平均一時700円下落相場時に100株NISA購入。

権利落ちで下落するかと思いきやあまり株価が下落せずプラスになっています。

配当の連続増配、維持率が高いため、売却は考えていません。 

日本たばこ産業(2914)

安定のたばこ銘柄の為、100株購入。値下がりが止まらない為、

今後の動向を見ながら買い増ししていく予定です。


 

 まとめ

株価が急落した時期もあり、高配当株の購入が多い月でした。

日本株は購入予定はありませんでした、マネーフォワードの株価が急上昇している為、一部を売却しキャッシュ化出来たことで踏み切りました。マネーフォワード株はさらに上昇して割高感が出てきたら(今も十分割高ですが。。。)全部売却してリセットする予定です。

マネーフォワードに至っては黒字化すれば伸びる企業です。ただし、今年の黒字化は考えられない為、昨年同様夏枯れに期待して決算前に売却予定です。

決算後も上昇し続けて買えなくなっても別の高配当株に資金投入する為問題ないです。