『すぐやる』事の有用性

スポンサーリンク

f:id:Atolm-D:20190414141900j:plain

自己啓発本やセミナー、成功者と呼ばれる人、仕事が出来る人など私が観察していて思ったのは共通して『すぐやる』という行動力にほかなりません。

私も出来る限り『すぐやる』を実践し始めてから日々成長を感じられます。

結論

遊び、仕事、投資、日常生活すべてにおいて『すぐやる』は非常に有用です。

すぐやらなくて後悔はありますがすぐやって後悔するのはあんまり聞きません。

どんな事でもやりながら日々勉強して軌道修正していけば後悔する事はないと思います。

小さな事から『すぐやる』を続けていく事が重要です

『すぐやる』をしないとどうなるの?

すぐしない人の特徴

めんどくさい、完璧主義、まだため込んでてもイケる(謎の自信)、嫌な事だから、嫌な人から言われたから、気が乗らない。。。などなど

 

負の感情がいっぱいです。昔の私はこれでした。しかも完璧主義でしたのでたちが悪かったです。何せ100点満点中100点じゃなきゃやらない方がマシって考えでしたから。

今考えれば愚の骨頂ですね。

『すぐしない』ことのデメリット

すぐしない場合、「やらなきゃ」という感情が徐々に増えていって後回しにする事が多くなります。

後回しする事が多くなるとやらなきゃいけない事で頭がいっぱいになります。

そうやってやらない事を積み重ねていくと今やる事、次にやる事に集中できなくなっていきます。

そうしていくうちにどんどん悪循環にはまっていき、ある時爆発してしまいます。

 

結局のところ『すぐしない』という事は負債を蓄積する事に他ならない為、すぐに行動

する事が最善なのです。

『すぐやる』をするとどうなるの?

『すぐやる』ことのメリット

やらなきゃいけない事が少なくなり、余計な事を考えなくなります。

やらなきゃいけない事があるとどうしても頭の片隅に情報が存在し続けてしまいます。

そうなると目についた情報とやらなきゃいけない事が自分の脳でリンクすると、

やらなきゃいけない事の方に脳の処理が動いてしまいます。

 

このような事がどんどん少なくなる事で、今やる事に集中でき、次にやる事にも集中できます。

 

集中して今やる事に専念できる為、着実に自分の力になります。そうしていくうちに出来る事が増えていく為、やる気が出て更に物事を改善しようと考え始めます。 

どうすれば『すぐやる』クセが付くのか

『すぐやる』をやろうとするけどそれが出来ないから難しいと思い、挫折してしまう人は多いと思います。

日頃の意識づけから習慣化するまでやらないと自分の考え方を変えることは難しいです。

 

ですので、小さなことからすぐやるを意識して続けていき、やらないと気持ち悪いと思えるように習慣化させる事が大事です。

 

少しくらいすぐできなかったからといってすべてを放り投げてやめてしまうのはもったいないです。完璧主義にならずにできなかった事を悔やむより「今日は1個すぐできた!」と思って少しずつ継続していく事が重要です。

 

ゴミをゴミ箱に入れる事や出しっぱなしにしている文房具などをしまうなど、ほんとに小さなことから始めて着実に続けていけばいいだけです。

小さなことを続けることが大事なのです。

まとめ

 新しい事を始めるのも今やるべき事もすべて『すぐやる』事で今の自分よりも成長できます。すぐに意識を変える事は出来ないですが、続けていけば確実に変わる事が出来ます。

一度好循環にハマれば後は意識せずに出来るようになっていきます。まぁ多少は後回しにする事もありますが、完璧主義にならず日々軌道修正していけばいいのです。

 

投資と何の関係があるの?と思われる方もいるかもしれませんが、何を始めるのにもまずは自分の心、意識をしっかりしておかないとあらぬ方向へ行ってしまいかねません。

 

健全な心、考えを持つ事で勉強した事が着実に自分の身になる為、投資をするにしてもトライ&エラーで日々良くしていこうと考えられると思います。

 

日々『すぐやる』⇒勉強する⇒次に活かす⇒『すぐやる』を繰り返していく事がより良い人生になりうると思います。