初めての米国株配当金受領してました(4月分+5月初旬分)

スポンサーリンク

f:id:Atolm-D:20190322141152j:plain

ようやく待ちに待った配当金受領の瞬間が訪れました。

 

といってもGWの10連休の影響で受領は5月になりましたが。

米国株に投資を始めて初めての配当金になります。

f:id:Atolm-D:20190511211655p:plain

 

4月受領分としてはアルトリアグループだけですので税引き後配当金は17.23ドルで約1,894円(109.95円/ドル)になります。

現在は60株ですが、権利落ち日に適用したのは半分の30株ですので30株分の配当金しか入っていません。次回の配当金は満額もらえる為、非常に楽しみです。

 

5月分としてはAT&Tが税引き後配当金12.82ドルで約1,410円(109.95円/ドル)になります。

 

2つ合わせると3000円ちょいになりますので格安スマホの通信費が賄える金額ですね。

そう考えると何もせずに3000円もらえることはありがたい事です。

 

ちょうど5月は株価が下がりやすく実際に米中貿易摩擦が再加熱されて株価が下落傾向にある為、企業分析しつつ業績が良くて高配当株への買い増しを続けていきます。

 

ちなみに配当金がどのタイミングで入ってくるか確認したところ、海外株、日本株合わせると毎月もらえるようです。これは毎月楽しみですね!

配当月カレンダー(海外株)

f:id:Atolm-D:20190511214612p:plain

1~3月は株を購入していない為、もちろんもらっていません。

灰色の文字は権利落ち日までに購入していない為、配当金がもらえません。

少なくとも毎月1,000円以上は不労所得が入ってくる予定です。

MOとXOMだけの月が寂しい為、良企業があれば新規投資を開始したいです。

配当月カレンダー(日本株)

f:id:Atolm-D:20190511214624p:plain

日本株も同様に記載しています。

高配当銘柄は多くなりましたが米国株に比べると配当月が少ない為、スカスカですね。

マネーフォワードを売却して得た資金をすべて日本株につぎ込んだ後は特別な理由がない限りは日本株への買い増しは控えると思います。

 

業績悪化の懸念が無く、配当利回りがかなり良くなったら買いますが。JTとか三菱商事とか。

 

今後も少しずつ増える配当金を見ながら質素倹約し給料のほとんどを高配当株へ投入していく予定です。