キャッシュフロー(資金流入)増大計画

スポンサーリンク

f:id:Atolm-D:20191011090054j:plain

といっても支出は増大化するわけではありません。

 キャッシュフローは資金の流入(キャッシュ・イン・フロー)と資金の流出(キャッシュ・アウト・フロー)2つを合わせたものです。

私の今のキャッシュフローと候補を紹介します。

 

総括

色々な資金の流入増大方法がありますが、どれも自分の手の届く範囲の少額から実践して勉強していく事が重要です。

現在私は給与所得(本業、副業)、不動産所得(家賃収入)、配当所得(株式配当金)の3つを軸としています。

既存のキャッシュフロー

給与所得

今の所本業が要になっています。安定した資金流入が期待出来、残業や昇格、昇進によって多少資金増大が見込めます。

他の事業が拡大すればその分割合を小さくしていく予定です。

不動産所得

首都圏にワンルームマンションを所有しています。

繰上返済によって利回り加速を狙います。5年までは早期繰上返済すると違約金が発生しますがあんまり気にならないレベルです。

 

100万円繰上返済すると3.5%ほど利回りが回復してプラスになる為、株価が割高になったらその資金を使わずに繰上返済に充てるのも良いかもしれません。

ただ、今のところはその傾向はない為、月々積立しておいて2~3年後に一度繰上返済する予定です。

5年くらいでの家賃下落も検討しながら、所有物件の周辺状況も見ながら保有有無を考えていかないとですね。

配当所得

現在米国株を主力に日本株、投資信託と長期投資を目的にしています。

2019年から配当金目的の投資に方針転換しておよそ10万円受領見込みです。

現時点の投資だけで来年は20万円受領見込みになります。元本が多くなればなるほど配当金は大きくなります(株価には目をそらしつつ)。年間240万円程度を目標に積み上げる予定です。

キャッシュフロー増大候補

あくまで候補で全部は探し出せて無いですがたくさんあります。

アルバイトによる副業

時間と体力を対価に資金流入を図ります。本業が忙しすぎてやる時間はありません。

昨今の働き方改革によって残業が無くなれば検討の余地ありですね。

ブログ運営

主に広告収入ですね。アフィリエイトと呼ばれる成果型の広告やGoogle AdSenseなどのクリック型の広告があります。

現時点ではGoogle AdSenseによる広告収入のみであまり大きな収益はありません。

アフィリエイトするなら私がオススメ出来るのは書籍ですね。色々と読んでいる為、真にオススメ出来る書籍があります。月1程度を目処に紹介しようかと思います。

いずれにせよ時間と労力を注ぎ込んで積み上げする必要があります。

フリーマーケットサイト利用による売却益

私はメルカリしか使ったことありませんが、いろいろなフリマサイトが出来ています。

転売現在価値が無いものを仕入れておき価値が復活した時に売却するのがてっとり早いでしょうか。

私の場合はこの1年間不要品を売却しただけで手数料、送料含まず合計8万円弱になりました。捨てれば0円ですのでなかなか良いのではないでしょうか。

捨てるのが惜しくて残していたもの、お店で売ったり引き取ってもらっても倉庫に眠ってしまう事を考えれば誰かに使ってもらえると分かっている分、気が楽になります。

太陽光発電による売電

不動産関係ですが魅力的です。ただ、最近は売電価格も下落し始めており、良い立地も少なくなりつつあります。個人で取得するより投資法人に投資した方が元手やリスクが小さくて良いかもしれません。ESG投資が話題の為、価格高騰が懸念ですが多少は持っておくのは良いんではないでしょうか。

駐車場経営

土地さえあれば経営出来るのは良い点ですが税金が高い事がデメリットですね。

土地は無いですしそもそも不況時の土地利用対策なのであんまり現実的ではないですかね。余った土地さえあればやっても良いかもしれません。

まとめ

他にも色々とキャッシュフロー増大方法はあるかもしれませんがこんなところでしょう。本業も忙しくあまり時間が取れない事もあって時間を注ぎ込むタイプの事業は難しいです。隙間時間に取りかかれる事が重宝しますね。

 

不労所得と言っても勉強や情報収集は欠かせない為、事業として考えていきます。

再現性があるのは配当所得、不動産所得になる為、こっちに注力していきます。

隙間時間を利用してブログとかtwitterでどんどん発信していきたいですね。