ふるさと納税のススメ

スポンサーリンク

f:id:Atolm-D:20190816084029j:plain

ふるさと納税は所得が高額になるにつれて家計の助けになっていきます。

 

ふるさと納税をうまく活用する事で日常品やぜいたく品を気兼ねなくもらえる為、非常にありがたい制度になっています。

 

ふるさと納税とは

はじめにふるさと納税についてザックリ説明します。

自分のふるさとや応援したい自治体に寄付が出来る制度で手続きによって所得税や住民税の還付や控除を受ける事が可能になります。

それだけではなく、その自治体で取り扱っている名産、特産品を受け取る事が出来ます。

寄付金控除額の上限までは自己負担額は最低2,000円までで上記の名産品などを受け取れます。

 

確定申告やふるさと納税ワンストップ特例制度によって実際に還付、控除が可能です。

投資をしている方であれば確定申告を毎年行う為、そのついでにしておけばいいですし、何も確定申告しない場合であればワンストップ特例制度を利用して簡単に恩恵を受けられるのも良いポイントですね。

寄付金控除額の上限

寄付金控除額の上限は年収によって決まる為、一度以下のシミュレーターや目安表で確認するのがいいでしょう。

event.rakuten.co.jp

event.rakuten.co.jp

ふるさと納税のメリット

一番のメリットは自己負担額2,000円で様々な名産品を受け取れる事です。

もう一つは年収が高額になればなるほど寄付金控除額の上限が上がる為、その分自己負担額が限りなく小さくなっていきます。

例えば年収400万円もあれば4万円納税でき、生活必需品(トイレットペーパーやティッシュなど)に充てる事が出来れば非常に節約効果が期待できます。

ふるさと納税のデメリット

ほとんどないに等しいですが、しいて挙げるのであれば寄付金控除額の上限を超えた分の自己負担額が増える事くらいですかね。

確定申告orワンストップ特例制度がめんどくさいというのもあるかもしれません。

ただ、しっかり制度に則るだけで手間暇以上の恩恵が与えられる為、活用しないわけにはいきません。

どこから寄付するか

私の場合は楽天ふるさと納税を利用しています。

ふるさとチョイスやさとふるなどに比べると品揃えが少ない印象がありますが、全然問題ありません。

楽天スーパーセールやキャンペーン中に寄付する事で楽天ポイントがものすごく大きくなります。

まとめ

投資の前に種銭の貯金が必要です。種銭を得る簡単な方法は節約になります。

節約に有効な一手がふるさと納税になります。自己負担額2,000円で生活必需品を賄う事が出来る為、これ以上の節約はないでしょう。

ふるさと納税をしたことない人も一度調べてみると良いかと思います。

納税と聞いて拒絶反応を示している場合ではありません。